「はじめに」

 昭和63年ごろだったでしょうか、佐賀からの通勤帰りに、列車の中で小学校時代の恩師に会いました。長崎に神霊治療を受けに行った帰りとかで、神霊や、霊界に関する著書などの話を聞きました。
 その時は何のことかよく分からず、さして気に留めてはいませんでしたが、ある日、ふと入った本屋で、その「大霊界」という本が目に入りましたので、早速読んでみて衝撃を受けました。
 霊界なんて全く信じていなかった私が、大宇宙も比較にならないような、壮大な大霊界が存在することも、神々の存在も、一発で信じてしまったのです。
 私は、すぐさま長崎に行って、その本の著者が組織される会の会員になりました。年会費はわずかですし、退会はいつでも自由とのことでしたが、いまでも、もちろん会員であり、やめる気はさらさらありません。身体のどこも悪い所はありませんでしたが、神霊治療も3度受けました。
 信じない人に無理に信じてもらおうとは思いませんが、いかに科学が発達したとはいえ、この世の中、科学的に証明されているのはほんの一部で、まだまだ未知の世界の方が多いのも事実です。大霊界の存在も、いつの日か証明されるであろうことを信じて、お話を進めていきたいと思います。

 なお ここに紹介するお話の多くは、日本神霊学研究会会長 隈本確先生の著書「大霊界シリーズ」から引用、または参考にさせていただいております。

  

6年前69歳の時、私の友人が体験したという話を興味深く聞きました。今は亡くなったもう一人の友人も 同じような体験談をしていました。臨死体験をもって霊界の存在を断言はできませんが、同じような話や不思議な話を聞くたびに、 私の魂は霊界の存在を確信するようになりました。(2016.08.06)
  
人間は本当に死んだら何も残らないのでしょうか。本当に霊の世界はないのでしょうか。 確かに、誰も死んで生き返った人はいませんから、本当のところは謎です。でも、私は臨死体験した二人の友人を知っています。 又いくつかの怪奇現象も聴いたことがあります。これらは単なる妄想でしょうか。幻覚でしょうか。(2016.08.05)
  
大霊界や神の存在はなぜつかめないのでしょうか。それは霊や神々や大霊界があまりにも小さい「極超微粒子」で構成されているからです。そして動物では、私たち人間だけにしか与えられていない「心=魂」もまた同じ物質で構成されています。(2005.2.20)
  
自分の魂が自分を殺す。人間の生殺与奪の権利は自分自身の魂が持っています。あなたの魂があなた自身の肉体や知恵、脳を嫌い始めたら、あなた自身の魂の意志によって、霊界入り(死)を早められることもあるのです(2004.3.19)
  
人間は必ず死のときを迎えます。その人生のフィナーレは、苦しむことなく、周囲に迷惑をかけることもなく、安らかに迎えたいと願うのは誰しも同じです。では、どうすれば安楽死を迎えることができるのでしょうか(2003.1.8)
  
本格的な高齢化社会の到来と、生活環境の変化で痴呆老人が増えています。痴呆は脳の障害によるものとされてきましたが、そうとばかりも言えないようです。精神世界の観点から痴呆をみてみると…(2002.12.5)
  
人は死んだら天国に行くとよくいいます。あなたは本当に天国に行けると思いますか?現代人は地獄に落ちる人の方が圧倒的に多いのですよ。せめて、地獄にだけは行きたくないと思いませんか。(2002.11.5)
  
地球外生命体は存在するか?異星人はいるのか?UFOとはどんなものか?UFOは何のために地球にやって来るのか?UFOと交信した人はなぜ謎の死をとげるのか? これらの謎を解き明かす(2002.10.5)
  
地獄・魔界とはどんな世界か。地獄には「夜叉界」「濁王界」「陰王界」「夜王界」の四つの段階がある。そこでうごめく霊人たちの、筆舌では表現できないほどの悲惨な姿とは…『地獄魔界探訪』(2002.9.4)
  
天地創造の神は150億年も昔から人間社会の今日の様子を予見されていた。人間にだけ用意された地獄界もまた天地創造の神が作られたものだった。神はなぜ地獄界を作られたのか?(2002.8.5)
  
私達の住む地球をはじめ、この宇宙はどうして出来たのか。偶然なのか、何らかの意志の力が働いたのか。天地創造の神は実在するのか、ビッグ・バーンは過去2000億年の間に4回おきた。(2002.7.5)
  
大宇宙界とはどんな存在か。また、大霊界とはどのような存在なのか。物理的にも、科学的にも決して証明出来ない大霊界の仕組みを解き明かし、織田信長公と東条英機氏の今を探る。(2002.6.2)
  
自分の病気は自分で治す、これが神霊治療の基本です。難病・奇病と言われる病気でも、神と交流さえ出来れば治ります。ガン・膠原病・リュウマチ・メヌエル氏病・自律神経失調症などなど…(2002.4.30)
  
病気の70%は神霊治療で治る。特に原因や治療法の確立されていない、いわゆる難病・奇病は神霊治療の独壇場。科学も現代医学も万能ではないことを知れば神霊治療も理解できる。(2002.4.3)
  
信じたくなくても、霊界も、神界も、地獄魔界も存在する。人は必ず霊界入りするから、地獄に落ちないように、生きている時に自分の魂を磨き、想念管理を誤らないようにしなければならない。(2002.1.2)
  
予知能力があるとか、超能力があるとか、喜んでいる場合ではない。幽霊が見える人、霊の声が聞こえる人、いつもあちこちが痛い人、原因不明の病気の人、霊媒体質とはどんな体質か?。 (2001.11.28)
  
どんなに人間が進歩しても、科学が発達しても、私達の生活の中に迷信が存在している。その中には、他愛のないものもあるが、笑い話では済まされない深刻なものも少なくない。 (2001.10.31)
  
神とはどんな存在か。あなたが参拝する神社に神は存在するか。参拝のご利益は?。恐ろしい悪霊(地獄霊・浮遊霊・地縛霊)の実態。神の教えと宗教の違いは。テロと戦争と宗教について (2001.09.21)
  
生きた人間の魂も時として強大なパワーを発揮する。心の持ち方はどうあるべきか。念力とはなにか。加念障害とは?。返り念障害、自念障害について解き明かす。   (2001.08.28)
  
人間死んだらどうなるか、死後の世界はあるのか、科学で証明できない世界の存在は?神は?幽霊は?…世の中には不思議な出来事が多い。見えなくても何かがある。そうは思いませんか。(2001.07.08)
  

感想などをお聞かせください

  

  

inserted by FC2 system